TOP > 光触寺
TOP

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 問題79 塩をなめたお地蔵さん 

2008年04月18日 ()
【問題79】
六浦の塩を鎌倉へ売る行商人たちが通る道「塩の道」であった金沢街道
そこにあった「塩嘗(なめ)地蔵」とよばれる地蔵がある寺は?

【問題79のこたえ】
光触寺(こうそくじ)

光触寺3

▲鎌倉へ塩を売りにゆく商人たちが、道端にある地蔵に塩を供えると、帰りに見るとその塩がなくなっていたことからこの名がついたといいます。
塩を持ち去った人の身代わりとなったといわれています。

光触寺5

▲本道には、「頬焼阿弥陀」と呼ばれる本尊が安置されています。
伝説では、この阿弥陀如来像を安置していた家で盗難があり、犯人と疑われた法師が罰として頬に焼き印を押されたのですが、なぜか痕がつかない。
のちに、阿弥陀像の頬に焼け痕があることがわかり、以来この名で呼ばれるようになったといいます。
焼け痕は、修理を繰り返しても消えなかったとか。
この阿弥陀様も身代わりとなったわけです。
(※これは第1回の問題で出題されました。)

光触寺2

▲乱世の時代であった鎌倉時代は、地蔵信仰が開花した時代ともいわれているそうです。
庶民の身代わりとなって危機を救ってくれたという話が多くあるのだとか。

光触寺1 光触寺4

▲右:一遍の像

◇光触寺:鎌倉市十二所793
  0467-22-6864
(※予約をしないと本尊は拝観することはできません。)

この記事を折りたたむ↑

スポンサーサイト
[2008.04.18(Fri) 14:04] 寺社の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(1)
↑TOPへ


コメント

管理人のみ閲覧できます by -

コメントを閉じる▲

リストマーク 問題78 力自慢の石 

2008年04月18日 ()
【問題78】
村の祭りで、力自慢が持ち上げたという重さ112キロの石がある神社は?

【問題78のこたえ】
:十二所神社(じゅうにそじんじゃ)

十二所1

▲たしかに動かすことすら難しそうな丸い石がありました。

十二所2

▲鳥居の脇に、ポツンと置かれているので、由来を知らなければ、気にもとめないでしょう。
この時は真夏だったこともあり、周囲には人の気配は全くない。昔の着物を着た子どもが鞠かなにかで遊んでいる風景が思い浮かぶような、そんな神社です。

十
 十二所とは、天神7柱、地神5柱の神を祀ったことが
 名前の由来だそうですが、このあたりの地名もこの名です。
 村の鎮守。1278年創建。
 十二所神社というのは、全国様々なところにあります。
 もともとは光触寺の境内にあったそうです。
 (光触寺については次問で。)

十二所3


◇住所:鎌倉市十二所285

この記事を折りたたむ↑

[2008.04.18(Fri) 13:02] 寺社の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


TOP

ごあいさつ

鎌倉検定公式テキストブック

関連キーワード

新しい問題

管理人関連サイト

資格関連リンク

問題の解答について

問題のジャンル

問題一覧

ブログ内検索

最近のコメント

FC2ブックマークに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。