TOP > 六地蔵
TOP

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 問題15 墓碑 

2007年05月13日 ()
【問題15】
源頼朝の右腕となり、頼朝の死後も北条政権を支え、
頼朝の墓の東側に墓があるとされる人物は?

【問題15のこたえ】
:大江広元(おおえのひろもと)

大江広元は、頼朝の招きで鎌倉に下向。公文所や政所の別当となり、
頼朝が守護・地頭を設置したのも、全ては広元の献策によるものであるといわれている。

大江広元3

三基あるうちの真ん中が大江広元の墓、左は毛利季光(もうりすえみつ)、
右が頼朝の子といわれる島津忠久(しまづただひさ)の墓だとされている。

大江広元

それぞれの墓の前には、亀の体に蛇の顔の土台の碑が建てられているのだけど、
これが怖い。

大江広元5
コワい顔でしょう?

大江広元2
ここまで訪れる人は比較的少なく、ひっそりと静まっているだけに・・・。
ひゅうう・・・と風が通り過ぎていった・・・。

◆所在地:鎌倉市西御門

この記事を折りたたむ↑

スポンサーサイト
[2007.05.13(Sun) 17:54] 旧跡の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


TOP

ごあいさつ

鎌倉検定公式テキストブック

関連キーワード

新しい問題

管理人関連サイト

資格関連リンク

問題の解答について

問題のジャンル

問題一覧

ブログ内検索

最近のコメント

FC2ブックマークに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。