TOP > 円覚寺
TOP

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 問題24 明治の文学 ☆☆☆ 

2007年05月20日 ()
【問題24】
明治22年に横須賀線が鎌倉まで開通したことにより、多くの文人が鎌倉を訪れるようになった。夏目漱石もまた鎌倉に滞在した。作品『門』に登場し、境内に漱石の句がある寺は?

【問題24のこたえ】
円覚寺(えんがくじ)

帰源院2

円覚寺塔頭の1つ帰源院。
明治27年当時英語教師をしていた夏目漱石は、ここに止宿し参禅した。『門』に登場する「一窓庵」はここがモデルになっている。
夏目漱石のファンなどが集う「鎌倉漱石の会」などが現在もここで開催されているようだ。

帰源院1
「佛性は白き桔梗にこそあらめ」という漱石の句が刻まれた

帰源院3
※通常非公開。

円覚寺 鎌倉市山ノ内409
※帰源院の一般公開はされていない。

この記事を折りたたむ↑

スポンサーサイト
[2007.05.20(Sun) 10:34] 芸術・文化の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


TOP

ごあいさつ

鎌倉検定公式テキストブック

関連キーワード

新しい問題

管理人関連サイト

資格関連リンク

問題の解答について

問題のジャンル

問題一覧

ブログ内検索

最近のコメント

FC2ブックマークに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。