TOP > 別荘地
TOP

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 問題33 保養地鎌倉 ☆☆☆ 

2007年05月24日 ()
【問題33】
明治18年、あるドイツ人の医学者が ”鎌倉は保養地として最適な地である”と紹介したことで、鎌倉は保養地・別荘地として全国にその名が知られるようになった。その医学者の名前は?

【問題33のこたえ】
:ベルツ(エルウィン・ベルツ)



ベルツは、現在の東京大学医学部で教鞭をとっており、保養の思想を普及し、結核の療養に鎌倉が適した土地であることを唱えた。
草津温泉を再発見、世界に紹介した人物としても知られている。

また、衛生という言葉を初めて医学に使用した、長与専斎(ながよせんさい)が「海水浴場が健康によいとして、理想的な鎌倉の海岸」を推薦したことも、別荘地として鎌倉が発展していった理由の一つともいえるだろう。

また、このことが文人を多く鎌倉に呼ぶきっかけともなった。
明治から昭和にかけ、鎌倉を舞台にした文学には、よく結核が登場するが、結核の療養所などが当時鎌倉には多くあった。

にほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 日帰り旅行へ

この記事を折りたたむ↑

スポンサーサイト
[2007.05.24(Thu) 14:17] 産業の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


TOP

ごあいさつ

鎌倉検定公式テキストブック

関連キーワード

新しい問題

管理人関連サイト

資格関連リンク

問題の解答について

問題のジャンル

問題一覧

ブログ内検索

最近のコメント

FC2ブックマークに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。