TOP > 安西篤子
TOP

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 問題18 鎌倉の開発 ☆☆☆ 

【問題18】
昭和39年に起こった「御谷(おやつ)騒動」は、鶴岡八幡宮の後背部の緑地開発をめぐるものだった。大佛次郎ら著名人をはじめ多くの市民が加わったこの運動がきっかけとなって実現することになった法律は?

【問題18のこたえ】
:古都保存法

古都(京都市、奈良市、鎌倉市と、その他政令で指定された市町村)の歴史的風土を保存し、次の世代へと繋げていく事を目的とした法律。
「御谷(おやつ)騒動」は、日本で初めての「ナショナルトラスト運動」となった。

歴史的風土保存区域での建築物の新築、増築や土地の造成工事などの行為が届出制となり、さらに同特別区域では下記について、府県知事の許可が必要になるなど、厳しい許可制になった。

  ・建築物その他の工作物の新築、改築又は増築
  ・宅地の造成、土地の開墾その他の土地の形質の変更
  ・木竹の伐採
  ・土石の類の採取
  ・建築物その他の工作物の色彩の変更
  ・屋外広告物の表示又は掲出
  ・前各号に掲げるもののほか、歴史的風土の保存に影響を及ぼすおそれのある行為で政令で定めるもの


とはいえ、実際には、住民の反対があるにも関わらず、
様々な開発が進められているのが現状である。

つい先日も朝日新聞にこのような記事が出ている。関連記事

新聞記事

この記事を折りたたむ↑

スポンサーサイト
[2007.05.14(Mon) 15:23] 歴史の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(1)
↑TOPへ


コメント

管理人のみ閲覧できます by -

コメントを閉じる▲

TOP

ごあいさつ

鎌倉検定公式テキストブック

関連キーワード

新しい問題

管理人関連サイト

資格関連リンク

問題の解答について

問題のジャンル

問題一覧

ブログ内検索

最近のコメント

FC2ブックマークに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。