TOP > 小町大路
TOP

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 問題27 鎌倉仏教1 

2007年05月22日 ()
【問題27】
鎌倉時代には、それまでの貴族を中心とした仏教ではなく、どんな人間にも救いの道があるという教えを説く新しい仏教が多く誕生した。
「法華経こそ真の仏の教え」だとして、武家と町民が行き来する絶好の場所を選び、道行く人に教えを説いたその僧の名と旧跡は?

【問題27のこたえ】
日蓮(にちれん)、日蓮辻説法跡

辻説法2

この場所で日蓮は、法華経の教えを熱心に説いた。

辻説法3

日蓮が腰掛けたといわれる「腰掛石」は、道の反対側にあったが、明治時代に日蓮宗学者により現在の場所に移された。

辻説法1

日蓮は、女性に人気があったという。
男前だったからという説もあるが、「南無妙法蓮華経」と唱えれば、女性も成仏できるという教えがあったからだろう。
それまでは、月経中の女性は不浄だとして、仏道に邪魔とまでいわれていた時代だった。

◆所在地:鎌倉市小町2-22

「日蓮ゆかりの水」についてはこちらの問題

この記事を折りたたむ↑

スポンサーサイト
[2007.05.22(Tue) 23:45] 旧跡の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


TOP

ごあいさつ

鎌倉検定公式テキストブック

関連キーワード

新しい問題

管理人関連サイト

資格関連リンク

問題の解答について

問題のジャンル

問題一覧

ブログ内検索

最近のコメント

FC2ブックマークに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。