TOP > 源頼朝
TOP

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 問題58 春のまつり ☆ 

2007年06月06日 ()
【問題58】
現在4月に行われている「鎌倉まつり」の前身は、久米正雄ら鎌倉文士の牽引によるものだった。そのまつりの名前は?

【問題58のこたえ】
鎌倉カーニバル

鎌倉まつり1

現在の「鎌倉まつり」が始まったのは昭和34年と新しい。
段葛の桜が満開になるころ行われる、鎌倉を代表するこの祭りのメインイベントは、初日の「静御前の舞」とパレード、そして最終日の「流鏑馬」。

鎌倉まつり2

前身である「鎌倉カーニバル」は昭和9年に始まった。
久米正雄、大佛次郎らも仮装して段葛から由比ガ浜まで練り歩いたという。
「鎌倉文庫」に「鎌倉アカデミア」・・・。鎌倉文士の人たちは、鎌倉の街づくりにおいて色々な面で貢献しているのだなと思う。

昭和47年に発刊した萩原龍夫氏の『日本の祭り100選』には、鎌倉まつりについて、次のような解説があった。

~祭りとしての歴史は浅い。しかし、この祭りに盛り込まれた幾多の行事や出し物は、みな由緒あるものばかりであり、その点 「新しくてふるい」 祭りであるといえる。~



発刊当時の最大の見ものは、「頼朝武者パレード」と海の沖合いで扇の的を射落とす「那須与一祭り」だとある。武者パレードの規模は大きく、頼朝、政子、義経らをはじめ、いざ鎌倉とはせ参じた家来35人と女房の列が2キロも続いたという。

現在はどちらも行われていないのが残念でならない。



▲現在の鎌倉パレードのダイジェスト。
真ん中の▼をクリックすると動画を閲覧することができます。

にほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 日帰り旅行へ



この記事を折りたたむ↑

スポンサーサイト
[2007.06.06(Wed) 17:22] 行事・祭りの問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


リストマーク 問題45 鎌倉の地名その2 

2007年05月30日 ()
【問題45】
植物の名前が由来とも、頼朝が夏の暑さをしのぐために用意したものに由来するともいわれている地名は?

【問題45のこたえ】
雪ノ下(ゆきのした)

雪ノ下とは、往時は、鎌倉八幡宮を囲むように接した地域で、鎌倉幕府の重要な地域。周辺には重要な御家人たちの館があった場所である。
『吾妻鏡』にも
「若宮別当の雪ノ下の本坊に渡御す」という記述がある。

江戸時代には、宿を生業とした商家が多く並び、中継地点として賑わった。
明治時代には、人口はさらに増し、旅人だけではなく人々の生活を支える商人たちが集まり、買い物客で賑わったそうだ。

ユキノシタ1

ユキノシタ(ユキノシタ科)は、湿った半日陰の岩場などに自生する多年草で、たしかに谷戸の鎌倉ではよく見かける植物。
この葉は、漢方薬としても利用され、天ぷらなどの食用にも利用される。

ユキノシタ2

ユキノシタの花は、5~6月ごろに咲く。
これは、一昨日自宅の裏庭で撮影したものだが、繁殖力が強く、あっという間にユキノシタだらけになるわけで、少々困っている。どうでもいいけど。

もうひとつの説は、源頼朝が厳しい冬の間に野山の雪を氷室に運ばせて、真夏に涼をとった。その氷室を備えたところが雪屋で、八幡宮の北側に設けていたことが由来だというもの。
もっぱらこちらをよく耳にするし、真実味がある。

この記事を折りたたむ↑

[2007.05.30(Wed) 13:23] 地名の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


リストマーク 問題32 三浦泰村一族 ☆☆ 

2007年05月24日 ()
【問題32】
五代執権北条時頼のころ、北条氏と三浦氏の戦いが始まった。宝知合戦(ほうちがっせん)と呼ばれるこの戦いで三浦勢は一日で破れたという。三浦泰村(やすむら)一族が自害したといわれる場所は?

【問題32のこたえ】
:法華堂(ほっけどう)跡

法華堂跡2

大倉幕府跡裏山の源頼朝の墓辺りが法華堂跡とされる。頼朝はここに葬られ、1200年に法華堂と称されるようになった。

法華堂跡3

北条勢に破れた三浦泰村一族は、鶴岡八幡宮の西にあった館を捨て、頼朝を祀る法華堂に立てこもった後、500人あまりが共に自害した。

法華堂跡1

最近の発掘調査により、二代執権で北条政子の弟で、北条政権を確立した実力者、北条義時の墓所であったことがわかり、2005年に国指定史跡となっている。

三浦泰村墓1

頼朝の墓の手前を右に進んだ山陰にある三浦一族の墓所と伝えられるやぐらがある。

三浦泰村墓2

昼なお暗く、ただならない気配を感じる場所である。

所在地の地図

にほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 日帰り旅行へ

この記事を折りたたむ↑

[2007.05.24(Thu) 13:52] 歴史の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


リストマーク 問題6 鎌倉らしい花 

2007年05月07日 ()
【問題6】
6月頃、寺院背後に迫る日の当たらない湿った岩壁に這うように咲く星型の小花は?

【問題6のこたえ】
:イワタバコ(イワタバコ科)

イワタバコ

海蔵寺、成就院、浄智寺など、様々な寺院で見られる。
湿った岩壁というのが、鎌倉の寺社には多く見られるので、
もともと鎌倉特有の花というわけではないが、
「鎌倉に似合う花」のひとつ。

写真は、長谷寺で撮影したもの。小さい花なので、マクロで撮影しないと、よくわからないですね。

この記事を折りたたむ↑

[2007.05.07(Mon) 15:41] 自然・動植物の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


リストマーク 問題5 鶴岡八幡宮の歴史 ★ 

2007年05月07日 ()
【問題5】
源頼朝が鎌倉幕府を開くにあたり、鶴岡八幡宮を現在の場所へと移した。
移す前の元々の若宮は、「元八幡」の名で親しまれているが、 頼朝※1 源頼義が勧請した、元となる京都の八幡宮をなんという?


【問題5のこたえ】
:石清水(いわしみず)八幡宮

以下、由比若宮(元八幡)について
元八幡1

源頼朝が源氏の氏神である京都石清水八幡宮に武運を祈願して勝利したので、
1063年に由比郷(現在の材木座)にこれを勧請して、社殿をつくった。(由比若宮)

【※1訂正・追加!】
石清水八幡宮を由比郷に勧請して、由比若宮を祀ったのは、
頼朝のお祖父さんである為朝の、そのまたお祖父さんである源頼義です。


ここが、鶴岡八幡宮の元となったと思うと不思議なほど、
緑と住宅に囲まれた静かな場所。ネコがのんびりとくつろぐ。
大町四つ角から材木座方向へと進み、小さな三浦堂踏切を
渡ってすぐ右の細い路地を入るとすぐにわかる。

元八幡4 元八幡2
(左:住宅街の中にひっそりと目印となる碑がある)
(右:数本ある大木が歴史を感じさせる)

元八幡3
バス停の停留所にもなっています。
♪つぎは、もとはちまん~。もとはちまんでございます♪

■由比若宮(元八幡)
 所在地:鎌倉市材木座1-71

この記事を折りたたむ↑

[2007.05.07(Mon) 14:34] 歴史の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(1)
↑TOPへ


コメント

為朝は頼朝の叔父です by 岩田
「頼朝のお祖父さんである為朝の」とありますが、源為朝は鎮西八郎とも呼ばれ、頼朝の祖父源為義の八男、つまり叔父にあたります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%90%E7%82%BA%E6%9C%9D

更に頼朝の祖父源為義の祖父は義家で、頼義はその義家の父です。

コメントを閉じる▲

TOP

ごあいさつ

鎌倉検定公式テキストブック

関連キーワード

新しい問題

管理人関連サイト

資格関連リンク

問題の解答について

問題のジャンル

問題一覧

ブログ内検索

最近のコメント

FC2ブックマークに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。