TOP > 若宮大路
TOP

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 問題14 町の旧跡 

2007年05月11日 ()
【問題14】
由比ガ浜通りと今小路の交差点にあり、この北側が刑場だったためにつくられた史跡は?

【問題14のこたえ】
:六地蔵(ろくじぞう)

六地蔵2

鎌倉時代に御成町には問注所があり、そこで裁かれた罪人の刑場が、この北側にあったため、
このあたりは「飢渇畠(けかちばたけ)」と呼ばれる荒れた場所だった。
供養のために、『六道』から救うといわれる六体の地蔵が祀られたのがこの「六地蔵」である。

※「飢渇(けかち)」は、飢え渇くと書く。
要するに利用価値のない、嫌われた場所のことをさすようだ。
※『六道』生前の罪により、地獄道(じごくどう)、餓鬼道(がきどう)、畜生道(ちくしょうどう)、修羅道(しゅらどう)、人間道(にんげんどう)、天道(てんどう)の6つの迷いの世界

六地蔵3
背後にある碑には、「此処は 昔時の刑場なり」の文字が見える。
俳人の松尾芭蕉の弟子である松尾百遊が建てた句碑もある。

六地蔵1
六地蔵交差点

◆所在地:鎌倉市由比ガ浜1-3-9付近

この記事を折りたたむ↑

スポンサーサイト
[2007.05.11(Fri) 14:57] 旧跡の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


リストマーク 問題10 山の旧跡 

2007年05月09日 ()
【問題10】
鎌倉に多く見られる、丘陵の山腹を穿って造られた横穴墳墓などの総称をなんというか。

【問題10のこたえ】
:やぐら

まんだら堂2
写真は逗子市と鎌倉市を結ぶ名越切通近くの「まんだら堂」のもの(特別公開のときを除き現在非公開)

やぐらは、一般的に内部は方形に削られた玄室、中央に羨道(せんどう)と呼ばれる入り口がある。
内部に五輪塔や供養塔が置かれている。
鎌倉市内で知られているやぐらの数は、千基を超し、埋もれているものを含めれば二千基に達するともいわれる。

まんだら1

聞いた話によると、これを庭石に!つって、持って帰っちゃう人がいるんだとか。
しょうがない人もいるもんだなあ。
大体お墓だし・・・。
あと、よくゴミ捨て場になっているやぐらを目撃することがある。
うーん。生活に密着しているといえばいえなくもないけど。

この記事を折りたたむ↑

[2007.05.09(Wed) 13:17] 歴史の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


リストマーク 問題4 鎌倉十橋その1 

2007年05月07日 ()
【問題4】
滑川にかかる橋で、下馬四つ角南側にある鎌倉十橋のひとつは?

【問題4のこたえ】
:琵琶(びわ)橋

琵琶橋4
この辺りは「琵琶小路」とよばれていたため、この名がついたとか。

(左:この古い碑は絶対見つからないと思う。)


なぜなら、↓ こんなになっちゃってます。
どうなんでしょう。完全に無視されてます。

琵琶橋5

琵琶橋2

若宮大路中ほどにある。
現在は、橋とは名ばかりの暗渠となっており、
毎日の日常生活で当たり前の道路になってしまっている。

琵琶橋1

昭和30年頃までは、擬宝珠のついた朱塗りの橋だったが、
現在は御影石のものに再建されている。

この記事を折りたたむ↑

[2007.05.07(Mon) 13:51] 旧跡の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


TOP

ごあいさつ

鎌倉検定公式テキストブック

関連キーワード

新しい問題

管理人関連サイト

資格関連リンク

問題の解答について

問題のジャンル

問題一覧

ブログ内検索

最近のコメント

FC2ブックマークに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。