TOP > 雪ノ下
TOP

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 問題45 鎌倉の地名その2 

2007年05月30日 ()
【問題45】
植物の名前が由来とも、頼朝が夏の暑さをしのぐために用意したものに由来するともいわれている地名は?

【問題45のこたえ】
雪ノ下(ゆきのした)

雪ノ下とは、往時は、鎌倉八幡宮を囲むように接した地域で、鎌倉幕府の重要な地域。周辺には重要な御家人たちの館があった場所である。
『吾妻鏡』にも
「若宮別当の雪ノ下の本坊に渡御す」という記述がある。

江戸時代には、宿を生業とした商家が多く並び、中継地点として賑わった。
明治時代には、人口はさらに増し、旅人だけではなく人々の生活を支える商人たちが集まり、買い物客で賑わったそうだ。

ユキノシタ1

ユキノシタ(ユキノシタ科)は、湿った半日陰の岩場などに自生する多年草で、たしかに谷戸の鎌倉ではよく見かける植物。
この葉は、漢方薬としても利用され、天ぷらなどの食用にも利用される。

ユキノシタ2

ユキノシタの花は、5~6月ごろに咲く。
これは、一昨日自宅の裏庭で撮影したものだが、繁殖力が強く、あっという間にユキノシタだらけになるわけで、少々困っている。どうでもいいけど。

もうひとつの説は、源頼朝が厳しい冬の間に野山の雪を氷室に運ばせて、真夏に涼をとった。その氷室を備えたところが雪屋で、八幡宮の北側に設けていたことが由来だというもの。
もっぱらこちらをよく耳にするし、真実味がある。

この記事を折りたたむ↑

スポンサーサイト
[2007.05.30(Wed) 13:23] 地名の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


TOP

ごあいさつ

鎌倉検定公式テキストブック

関連キーワード

新しい問題

管理人関連サイト

資格関連リンク

問題の解答について

問題のジャンル

問題一覧

ブログ内検索

最近のコメント

FC2ブックマークに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。