TOP > CATEGORY > 旧跡の問題
TOP | 次の問題

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 問題80 不老不死の水? 

2008年04月18日 ()
【問題80】
鎌倉十井のひとつで、「甘露の井」とよばれたこの井戸の水は密のように甘く、不老不死の効能があるといわれていた。井戸のある場所は?

【問題80のこたえ】
:浄智寺(じょうちじ)

甘露の井2
▲浄智寺総門
【問題44】寿福寺関連問題

甘露の井1
▲この井戸の水を「甘露水」という。

甘露の井3

この記事を折りたたむ↑

スポンサーサイト
[2008.04.18(Fri) 16:36] 旧跡の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(1)
↑TOPへ


コメント

昔は by るい
もうちょっと綺麗で石壁から清水が湧いていましたが整備のせいかなくなってしまいました。

コメントを閉じる▲

リストマーク 問題77 橋の名前の由来に隠された事件 

2008年03月02日 ()
【問題77】
北条義時のころ、謀反に加担したとの罪で捕まった武将が、処刑の前日に詠んだ歌によって命を救われ、その恩に報いるために架けたという橋は?

【問題77のこたえ】
:歌の橋

歌の橋1

▲捕らえられた武将とは、渋河刑部六郎兼守という人。ある僧侶の自白によって謀反の陰謀が露見したことから事件が起こった。陰謀には、和田義盛の子、義直らが加わっており、兼守もその一味であるとされた。
この三ヶ月後には、和田合戦が起きている。

歌の橋3


▲翌日いよいよ処刑という日に、悲しみの中で歌を十首読み荏柄天神に奉納した。
この歌が歌人でも知られる源実朝の目に入り、感心した実朝が罪を許したというのである。

歌の橋2


実朝のおかげで、死刑を免れた兼守が、その恩に報いるために、二階堂にこの橋を架けたという。
鎌倉十橋のひとつ。

現在は、うっかり見過ごしてしまいそうな橋なのですが、そんなエピソードがあったとは・・・。
まち歩きとは、本当におもしろいものです。



この記事を折りたたむ↑

[2008.03.02(Sun) 17:49] 旧跡の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(3)
↑TOPへ


コメント

今では考えられませんね by るい
綺麗な歌が読めるから死刑を免れるなんて今では考えられませんがそれだけ風流だったのでしょうか、実朝くんだったからかな?頼朝だったらそのまま死刑にしそうなところを政子さんに止められたりしてと検定の勉強をしていると妄想まで発展していきます(爆)

改訂版テキスト by youpon
今日、改訂版のテキストを購入しました。

先日PDFで掲載された、第1回3級の問題が掲載されています。
また、索引が6ページから15ページと9ページも増えています。
これは、とても便利だと思います。

しかし問題なのが、「祭と行事」までの本文ページ数が2ページ、年表が4ページ増えていることです。
まだ、詳しくは調べていませんが、ざっとみたところ「世界遺産登録の国指定史跡」が1/4ページ記載がありました。
昨年のテキストで勉強して、増えたところから問題がでたら...。

昨年も、正誤表がありながら(「かまくら春秋社」に電話してFAXにて入手しました。)、まったく公表しなかったし、公式テキストというものを何だと思っているのでしょう!!

改訂版テキスト その後 by youpon
本文のページではなく、「祭と行事」のページが2ページ増えていました。
(世界遺産の国史跡一覧は、鎌倉駅の写真を小さくして追加で掲載です。)
隙間を広げて見やすくした結果みたいです。
かえって、行事の件数は減っているみたいです。
ただし、
・「筆供養」が、「初天神(筆供養)」
・「時宗祭」が、「開基毎祭忌」
・「七夕祈願祭」が「七夕祭」
・7月第1~第2日曜 「小動神社例祭」が、7月中旬の日曜 天王祭
 (「小動神社例祭」は、もともと誤植だったのですが)
と、全部チェックしていませんが、かなり変更があります。

また、年表は隙間を広げて見やすくしただけでなく、
・1193年 範頼の追放・殺害
など、増えています。

前のテキストの誤植や、改訂版との差異を公表してもらう様、鎌倉商工会議所へ働きかけたほうが良いと思います。

コメントを閉じる▲

リストマーク 問題75 倒幕計画 

2007年12月03日 ()
【問題75】
北条高時のころ、後醍醐天皇による2度目の倒幕計画が発覚し、鎌倉葛原岡で処刑された天皇の側近であった人物は?

【問題75のこたえ】
:日野俊基(ひのとしもと)

日野俊基は、後醍醐天皇の命を受け鎌倉幕府打倒を企てた公家。
北条高時が家督を継ぎ、実権を握った家臣の長崎高資(ながさきたかすけ)は、
いわゆる賄賂政治を行い、幕府の信用を失墜させた。
当然倒幕の動きは強くなっていったのだ。

葛原岡4

▲葛原岡神社内にひっそりと、「日野俊基終焉の地」の碑がある。

葛原岡1

▲俊基の墓といわれる宝篋印塔。国指定史跡。

葛原岡2


葛原岡5


葛原岡3

▲源氏山公園に至る山道を抜けたところに葛原岡神社がある。

この神社は、実は明治時代に創建されたもの。
天皇への忠誠心を国民の間に育てようとする国家のねらいがあったそうだ。

この記事を折りたたむ↑

[2007.12.03(Mon) 15:34] 旧跡の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(2)
↑TOPへ


コメント

近所です(^^; by るい
源氏山すぐのところに日野俊基の墓があるって不思議に感じます。呉越同舟?
かなり前ですが墓のある土手に落書きがあり落とすのにかなり苦労があったそうです。

るい 様 by クネ
そうですか、ご近所でしたか~。
考えてみればたしかに妙なものですね。
落書き・・・。
この間、和賀江島にも真新しい落書き(落削り?)があり、驚きました。記念好きというかなんというか、あちこちで随分被害はあるようですね。
困ったものです。(-"-;)


コメントを閉じる▲

リストマーク 問題68 鎌倉十井その4 

2007年08月23日 ()
【問題68】
明月院境内にあり、その内部が水瓶のようにふくらんでいることからその名がついたとされる、珍しく現在も現役の鎌倉十井の一つは?

【問題68のこたえ】
:瓶(つるべ)の井

鎌倉十井4-2

▲説明板によると、岩盤を垂直に掘りつくられたとある。
現在も庭水などに使用されているという。

鎌倉十井4-3

▲別名「甕(かめ)の井」ともいわれる。

鎌倉十井4-1


※「鎌倉十井」とは、江戸時代に紹介されたもので、水の恵まれなかった鎌倉において、水質も良く美味で、伝説やいわれが残る代表的な十の井戸のこと。

この記事を折りたたむ↑

[2007.08.23(Thu) 13:01] 旧跡の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(4)
↑TOPへ


コメント

なんと! by まっちゃん4649
うっかり見逃していましたが・・・
もう来年への挑戦が始まっているのですネッ♪

頭が下がります・・・。

十井 by るい
これの問題が3級で出ると思っていたのですが(苦笑)2級では出して欲しかったりします(笑)鉄の井は私が小学校の時はごみ置き場状態だったのが観光整備によって綺麗になったのはすごく嬉しかったのを思い出しながら十井を覚えました。

まっちゃん4649 さん by クネ
いえいえ・・・。
さすがに暑くて、100問制覇!といいながら、遅々として進みません。(-o- )/ ⌒-~
春は、ちょっと写真を撮りに!なんて張り切ってたんですが。

るい さん by クネ
出ませんでしたねー。橋も井戸も・・・。
そうだったんですか!あのあたりはいつも人も車も多いので、ついつい目をそらして、(人ごみ苦手な私)気にもしていないことが多かったんですが、復活したのですね。それにしても観音様が出た井戸がゴミ置き場だったとは・・・。ありがちですけど。。

コメントを閉じる▲

リストマーク 問題44 鎌倉の寺と北条政子 ☆☆☆ 

2007年05月29日 ()
【問題44】
北条政子と源実朝の墓と伝わる五輪塔があり、鎌倉五山第三位の寺は?

【問題43のこたえ】
:壽福寺(じゅふくじ)

壽福寺1

1200年、北条政子が栄西を招いて開山。建長寺派。鎌倉で初めて建てられた臨済宗の寺だ。境内は国指定史跡。
栄西は、臨済宗を宋から伝え、お茶を日本に伝えた人としても有名なひとだ。
この地一体は、頼朝の父、義朝の屋敷跡とされている。
源氏ゆかりの地である。

壽福寺3

▲苔が鮮やかで、美しい石畳の参道

壽福寺6

▲本堂 創建当初の建物は火災で全て焼失したため、1664年の建立。鎌倉でトップ3の大きさの仏像仁王像が安置されている。

壽福寺5

▲山へと続く道を行くと、墓地になっており多くのやぐらがある。高浜虚子や大佛次郎の墓もあるということだ。

北条政子墓

北条政子の墓 
壽福寺4

▲源実朝の墓(天井に唐草模様の彩色が施されたやぐら)

ただ、この2つが本当に墓だという記録はないようだ。実際には供養塔かもしれない。
北条政子は、根強い人気があるのだろう。
ユリの花などが供えてあった。

強く、自分の意思をはっきり主張したという政子は、現代の女性から見てもカッコいいひとかもしれない。
よき後継者としての息子に恵まれなかったことは、気の毒に思いますが。

この記事を折りたたむ↑

[2007.05.29(Tue) 18:29] 旧跡の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


リストマーク 問題43 鎌倉十橋その4 

2007年05月29日 ()
【問題43】
往時の三大街道が交差する要所にあり、橋が道路に対して斜めに架けられていたことからその名がついたといわれる橋は?

【問題43のこたえ】
:筋違橋(すじかえばし)

筋違1

三大街道とは、小町大路、横大路、六浦路の3つ。
この橋を起点にして、東は六浦へとつながる金沢街道、南は大倉幕府の南門に近い。
金沢方面から鎌倉にくる商人たちも、また、小町から幕府に出仕した武士たちも必ずこの橋を通過しなくてはならない重要な場所だった。

筋違2

この橋の北側には強大な勢力を誇っていた三浦泰村の邸があった。
日ごろから、その力を妬んでいた安達景盛が、泰村謀反の噂を利用して、一族を率いてこの橋の北から矢を放ち、宝治合戦の火蓋を切ったといわれる。

関連問題:【問題問題32 三浦泰村一族】


たしかに、現在も「く」の字に曲がっている。交通量も大変多い場所だ。
所在地地図

この記事を折りたたむ↑

[2007.05.29(Tue) 16:43] 旧跡の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


リストマーク 問題40 鎌倉十橋その3 

2007年05月28日 ()
【問題40】
英勝寺を建立した尼僧の名前がつけられた鎌倉十橋のひとつは?

【問題40のこたえ】
:勝ノ橋(かつのはし)

勝ノ橋1

徳川家康の愛妾であったお勝の方が出家し、英勝寺の尼僧となり、この橋を架けた。
明治の末頃までは立派な橋が架かっていたそうである。
※お勝の方関連問題は、【問題39】参照

勝ノ橋2
壽福寺門前の庚申塔の横に石碑があるのみ。

お勝の方は、梶という名前だったが、家康が戦場に梶を連れて行くと必ず勝利したからそう呼ばれるようになったということだ。大阪の陣にも同行したという。
女好きの秀吉ですら、戦に女人を連れて行くことはしなかったそうだが、家康は必ず何人かの女人を同行させ、足や腰を揉ませたり、健康管理についても女性たちが把握していたと、司馬遼太郎の『城塞』で読んだ記憶がある。
城塞 (中巻)


英勝寺の本尊は、三代将軍徳川家光が寄進したといわれる運慶作の阿弥陀三尊像。

英勝寺7

この記事を折りたたむ↑

[2007.05.28(Mon) 12:28] 旧跡の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


リストマーク 問題37 やぐら 

2007年05月25日 ()
【問題37】
鎌倉に現存するやぐらの中で最大級とされており、「羅漢洞」ともいわれているものは?

【問題37のこたえ】
:明月院やぐら

明月院やぐら4

壁面に基壇があり、壇上に釈迦如来、多宝如来が浮き彫りにされている。
また十六羅漢像の浮き彫りがある。中央には宝篋印塔が祀られている。

明月院やぐら1

明月院は、山内上杉の祖、上杉憲方により創建されたため、この墓所と伝えられている。

明月院やぐら5

開山堂。この左手にやぐらがある。開山(初代住職)は密室守厳(みっしつしゅごん)禅師
新緑が美しい。アジサイが満開になってくると、「鎌倉に競輪場ができたのか?」といわれたことがあるほどの人手になるので、時期をずらして拝観するのをオススメしたい。

明月院やぐら3

明月院やぐら2

にほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 日帰り旅行へ

この記事を折りたたむ↑

[2007.05.25(Fri) 15:33] 旧跡の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


リストマーク 問題27 鎌倉仏教1 

2007年05月22日 ()
【問題27】
鎌倉時代には、それまでの貴族を中心とした仏教ではなく、どんな人間にも救いの道があるという教えを説く新しい仏教が多く誕生した。
「法華経こそ真の仏の教え」だとして、武家と町民が行き来する絶好の場所を選び、道行く人に教えを説いたその僧の名と旧跡は?

【問題27のこたえ】
日蓮(にちれん)、日蓮辻説法跡

辻説法2

この場所で日蓮は、法華経の教えを熱心に説いた。

辻説法3

日蓮が腰掛けたといわれる「腰掛石」は、道の反対側にあったが、明治時代に日蓮宗学者により現在の場所に移された。

辻説法1

日蓮は、女性に人気があったという。
男前だったからという説もあるが、「南無妙法蓮華経」と唱えれば、女性も成仏できるという教えがあったからだろう。
それまでは、月経中の女性は不浄だとして、仏道に邪魔とまでいわれていた時代だった。

◆所在地:鎌倉市小町2-22

「日蓮ゆかりの水」についてはこちらの問題

この記事を折りたたむ↑

[2007.05.22(Tue) 23:45] 旧跡の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


リストマーク 問題21 鎌倉十橋その2 

2007年05月16日 ()
【問題21】
新田義貞の鎌倉攻めの際に、迎えうつ北条軍の防衛線がこの辺りで崩れはじめた。
このことが名前の由来となった橋は?

【問題21のこたえ】
:乱橋(みだればし)

乱橋4

亂橋またはは濫橋とも書く。
幕府の公式記録『吾妻鏡』に記されているのは、鎌倉十橋のうち、「筋違橋」「乱橋」の二つだけだそうだ。
昭和14年までは、鎌倉市乱橋材木座という地名ともなっていた。
800年以上に渡り守られた由緒のある名前といえる。

乱橋1 乱橋3
鎌倉町青年団の建てた碑。
見落としてしまいそうな場所だが、水道路から海岸方向へ、左手に妙長寺、その先の右手に碑がある。

乱橋2

橋の面影は殆ど無い。
【問題4】鎌倉十橋その1 

この記事を折りたたむ↑

[2007.05.16(Wed) 21:25] 旧跡の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


リストマーク 問題15 墓碑 

2007年05月13日 ()
【問題15】
源頼朝の右腕となり、頼朝の死後も北条政権を支え、
頼朝の墓の東側に墓があるとされる人物は?

【問題15のこたえ】
:大江広元(おおえのひろもと)

大江広元は、頼朝の招きで鎌倉に下向。公文所や政所の別当となり、
頼朝が守護・地頭を設置したのも、全ては広元の献策によるものであるといわれている。

大江広元3

三基あるうちの真ん中が大江広元の墓、左は毛利季光(もうりすえみつ)、
右が頼朝の子といわれる島津忠久(しまづただひさ)の墓だとされている。

大江広元

それぞれの墓の前には、亀の体に蛇の顔の土台の碑が建てられているのだけど、
これが怖い。

大江広元5
コワい顔でしょう?

大江広元2
ここまで訪れる人は比較的少なく、ひっそりと静まっているだけに・・・。
ひゅうう・・・と風が通り過ぎていった・・・。

◆所在地:鎌倉市西御門

この記事を折りたたむ↑

[2007.05.13(Sun) 17:54] 旧跡の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


リストマーク 問題14 町の旧跡 

2007年05月11日 ()
【問題14】
由比ガ浜通りと今小路の交差点にあり、この北側が刑場だったためにつくられた史跡は?

【問題14のこたえ】
:六地蔵(ろくじぞう)

六地蔵2

鎌倉時代に御成町には問注所があり、そこで裁かれた罪人の刑場が、この北側にあったため、
このあたりは「飢渇畠(けかちばたけ)」と呼ばれる荒れた場所だった。
供養のために、『六道』から救うといわれる六体の地蔵が祀られたのがこの「六地蔵」である。

※「飢渇(けかち)」は、飢え渇くと書く。
要するに利用価値のない、嫌われた場所のことをさすようだ。
※『六道』生前の罪により、地獄道(じごくどう)、餓鬼道(がきどう)、畜生道(ちくしょうどう)、修羅道(しゅらどう)、人間道(にんげんどう)、天道(てんどう)の6つの迷いの世界

六地蔵3
背後にある碑には、「此処は 昔時の刑場なり」の文字が見える。
俳人の松尾芭蕉の弟子である松尾百遊が建てた句碑もある。

六地蔵1
六地蔵交差点

◆所在地:鎌倉市由比ガ浜1-3-9付近

この記事を折りたたむ↑

[2007.05.11(Fri) 14:57] 旧跡の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


リストマーク 問題12 鎌倉十井その2 

2007年05月10日 ()
【問題12】
扇ガ谷(おうぎがやつ)の海蔵寺にある鎌倉十井の一つは?

【問題12のこたえ】
:底脱(そこぬけ)の井

底脱2

名前の由来は諸説あるが、
室町時代に上杉家の尼が修行していたとき、この井戸で水を汲んでいると、桶の底が抜け、
その瞬間悟りを開いたという説や、
鎌倉時代中期の武将、安達泰盛の娘が水を汲んだときにやはり桶の底が抜け、
「千代能がいだく桶の底ぬけて水たまらねば月もやどらじ」と
歌を詠んだという説などがある。

底脱1


左手奥のやぐらには、弘法大師が掘ったといわれる「十六の井」もある。

底脱3

◆所在地:鎌倉市扇ガ谷4-18-8
◆9:30-16:00 拝観料は志納

この記事を折りたたむ↑

[2007.05.10(Thu) 11:57] 旧跡の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


リストマーク 問題7 町の旧跡 

2007年05月08日 ()
【問題7】
明治天皇の皇女のために造られた鎌倉御用邸の門。
関東大震災で倒壊し、御用邸が廃止された跡地には、
現在もある建物の正門として受け継がれている。その建物とは?

【問題7のこたえ】
:御成(おなり)小学校

御成小1

昭和8年に建てられた。元々木製だったが、昭和30年に現在の鉄筋コンクリートに建替えられている。

今はとっても学校の警備は厳重なので、
怪しまれることを怖れ、あまりじろじろ中を見れなかったりする、
小心者の私です。
学校そのものの建物も木造で、レトロな感じが素敵。
以前は、よく校庭で遊ばせてもらったものだが。
(注:大人になってからです。)

御成小2

校名の文字は、高浜虚子の筆である。
◆所在地:鎌倉市御成町19-1

この記事を折りたたむ↑

[2007.05.08(Tue) 15:19] 旧跡の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


リストマーク 問題4 鎌倉十橋その1 

2007年05月07日 ()
【問題4】
滑川にかかる橋で、下馬四つ角南側にある鎌倉十橋のひとつは?

【問題4のこたえ】
:琵琶(びわ)橋

琵琶橋4
この辺りは「琵琶小路」とよばれていたため、この名がついたとか。

(左:この古い碑は絶対見つからないと思う。)


なぜなら、↓ こんなになっちゃってます。
どうなんでしょう。完全に無視されてます。

琵琶橋5

琵琶橋2

若宮大路中ほどにある。
現在は、橋とは名ばかりの暗渠となっており、
毎日の日常生活で当たり前の道路になってしまっている。

琵琶橋1

昭和30年頃までは、擬宝珠のついた朱塗りの橋だったが、
現在は御影石のものに再建されている。

この記事を折りたたむ↑

[2007.05.07(Mon) 13:51] 旧跡の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


TOP | 次の問題

ごあいさつ

鎌倉検定公式テキストブック

関連キーワード

新しい問題

管理人関連サイト

資格関連リンク

問題の解答について

問題のジャンル

問題一覧

ブログ内検索

最近のコメント

FC2ブックマークに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。