TOP > CATEGORY > 寺社の問題
TOP

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 問題79 塩をなめたお地蔵さん 

2008年04月18日 ()
【問題79】
六浦の塩を鎌倉へ売る行商人たちが通る道「塩の道」であった金沢街道
そこにあった「塩嘗(なめ)地蔵」とよばれる地蔵がある寺は?

【問題79のこたえ】
光触寺(こうそくじ)

光触寺3

▲鎌倉へ塩を売りにゆく商人たちが、道端にある地蔵に塩を供えると、帰りに見るとその塩がなくなっていたことからこの名がついたといいます。
塩を持ち去った人の身代わりとなったといわれています。

光触寺5

▲本道には、「頬焼阿弥陀」と呼ばれる本尊が安置されています。
伝説では、この阿弥陀如来像を安置していた家で盗難があり、犯人と疑われた法師が罰として頬に焼き印を押されたのですが、なぜか痕がつかない。
のちに、阿弥陀像の頬に焼け痕があることがわかり、以来この名で呼ばれるようになったといいます。
焼け痕は、修理を繰り返しても消えなかったとか。
この阿弥陀様も身代わりとなったわけです。
(※これは第1回の問題で出題されました。)

光触寺2

▲乱世の時代であった鎌倉時代は、地蔵信仰が開花した時代ともいわれているそうです。
庶民の身代わりとなって危機を救ってくれたという話が多くあるのだとか。

光触寺1 光触寺4

▲右:一遍の像

◇光触寺:鎌倉市十二所793
  0467-22-6864
(※予約をしないと本尊は拝観することはできません。)

この記事を折りたたむ↑

スポンサーサイト
[2008.04.18(Fri) 14:04] 寺社の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(1)
↑TOPへ


コメント

管理人のみ閲覧できます by -

コメントを閉じる▲

リストマーク 問題78 力自慢の石 

2008年04月18日 ()
【問題78】
村の祭りで、力自慢が持ち上げたという重さ112キロの石がある神社は?

【問題78のこたえ】
:十二所神社(じゅうにそじんじゃ)

十二所1

▲たしかに動かすことすら難しそうな丸い石がありました。

十二所2

▲鳥居の脇に、ポツンと置かれているので、由来を知らなければ、気にもとめないでしょう。
この時は真夏だったこともあり、周囲には人の気配は全くない。昔の着物を着た子どもが鞠かなにかで遊んでいる風景が思い浮かぶような、そんな神社です。

十
 十二所とは、天神7柱、地神5柱の神を祀ったことが
 名前の由来だそうですが、このあたりの地名もこの名です。
 村の鎮守。1278年創建。
 十二所神社というのは、全国様々なところにあります。
 もともとは光触寺の境内にあったそうです。
 (光触寺については次問で。)

十二所3


◇住所:鎌倉市十二所285

この記事を折りたたむ↑

[2008.04.18(Fri) 13:02] 寺社の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


リストマーク 問題74 鎌倉の隠れキリシタン? 復習問題 

2007年11月26日 ()
【問題74(復習)】(第1回の検定で出題されました。)
山門に十字架を模した紋のある寺は?

【問題74のこたえ】
:光照寺

光照寺1


たしかにあった。クルス紋。
江戸時代に禁教となってからは、苛烈な弾圧を受けたキリシタン。
この紋は、鎌倉にも、そんな隠れキリシタンがいたかもしれないことを想像させる。

光照寺は時宗の寺。山号は西台山。北鎌倉駅から小袋谷方面に徒歩5分ほど。
観光の人もこちらのほうにはあまり足を向けないようで、11月の3連休でも殆ど人通りはなかった。

この山門は、元々は北鎌倉北西の大地にあったという東渓院のものだった。このお寺は、大分竹田藩藩主の中川氏の娘の菩提所として建立されたものだそうで、領地にはキリシタン大名もいた。中川氏がキリシタンと関係があったとも考えられる。

光照寺2 光照寺3

▲山門をちょっと眺めただけでは、この紋には気付かない。

光照寺6 光照寺5

▲山門左手には、咳の神様「おしゃぶき」の石の祠が。

光照寺4

▲こちらは、大町にある教恩寺。同じく時宗の寺。
北条氏康が建立したという。
頼朝が、平重衡(しげひら)に与えたという運慶作の阿弥陀如来像が本尊だが、予約をしないと拝むことはできないようだ。


※どうしてこの寺が突然登場したかという個人的な理由

第1回目検定の際、4択の1つとして出題されました。不合格という不本意な結果になった夫曰く、”キリスト教に関連のありそうな名前のような気がした” という非常にいい加減な理由で、案の定間違えたそうで。
「雪辱を果たしたい!」という思いで、確認に行ったという次第です。

この記事を折りたたむ↑

[2007.11.26(Mon) 15:14] 寺社の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


リストマーク 問題63 女性の味方 ☆☆☆ 

2007年06月13日 ()
【問題63】
女性の自由が極端に制限されていた江戸時代、女性が人生をやり直す緊急避難所の役割を果たしていた尼寺は?

【問題63のこたえ】
:東慶寺

東慶寺2

円覚寺派。山号は松岡山。「縁切り寺」「駆け込み寺」で知られている。現在は尼寺ではない。
妻のほうからは離縁を申し出ることは許されない時代だったが、ここに駆け込みさえすれば離婚できる。

東慶寺1

▲この階段を女性たちが駆け上がったのだろうか。
追っ手が来たり、閉門していたとしても、櫛か下駄など持ち物を聖域である門内に投げ込めば、駆け込んだとみなされ、しっかりと寺に守られる。その後は役人が対処してくれ、どこまでも女性の味方として、かなり完成されたシステムが作られていたという。

東慶寺7 東慶寺5

▲開山は、北条時宗の妻、覚山尼。墓は小さな五輪塔。五世は後醍醐天皇の皇女、用堂尼、徳川家康の孫娘千姫の養女であった天秀尼などの墓(卵型)がある。

東慶寺6

▲代々の尼僧のものと思われる墓が並ぶ。

徳川家の厚い保護を受けたため、非常に寺格の高い寺となった。
そうだったからこそ、女性を守ることができたのだろう。

東慶寺3 東慶寺4

▲境内にはモダンな感じの松ヶ岡宝蔵があり、国指定重要文化財の木造聖観音菩薩立像ほか、様々な展示がされている。

東慶寺8

▲駆け込んできた女性やその関係者を調べる役人がいたという寺役所。
裁判所の法廷のようなものもあったようだ。

中学生時代にこんな噂が学校内をめぐっていました。
  ”東慶寺に行くと縁が切れる=好きなひとにふられる”

さだまさしの『縁切寺』という曲がありまして・・。
多分噂の元はそれだったんじゃなかったかな?定かではありませんが。
メロディもなにも覚えていないので、調べてみたらこんな歌詞でした。

♪今日鎌倉へ行って来ました~(略)
  人の縁とは不思議なもので
    そんな君から 別れの言葉
    あれから三年 縁切寺♪

なるほどこういう歌でしたか。ろくに曲も知らないくせに、ついでに別れる相手もいなかったくせに、東慶寺には足を向けないアホ中学生でした。

この記事を折りたたむ↑

[2007.06.13(Wed) 18:57] 寺社の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


リストマーク 問題60 鎌倉の苔寺 

2007年06月08日 ()
【問題60】
日蓮が安房の国から鎌倉へ入り草庵を結んだ場所のひとつで、鎌倉の苔寺とよばれる寺は?

【問題60のこたえ】
:妙法寺(大町)

妙法寺1

▲石段の苔の緑が鮮やかな5月。

「法華経こそ唯一で真の経典だ!」と激しく他宗を非難し続けた日蓮に対して、北条家は禅宗を信じていた。日蓮がここに開いた草庵は、彼に反発する僧侶や武士たちにより焼き討ちにあってしまう。これが「松葉ヶ谷の法難」である。一般の人々を含め、相当数の暴徒が夜中に草庵を襲ったという。
しかし、白い猿が導いたなどという伝説もあるが、日蓮は難を逃れた。

関連問題:問題46 鎌倉の寺
問題27 鎌倉仏教1


その後ここに本国寺を建てた。日蓮宗最初の寺院ともいわれている。

妙法寺6

しかし、この本国寺が京都へ移築されたため、護良親王の遺児である日叡が1357年に伽藍などを修復し、寺院を再興したのが、妙法寺となる。

妙法寺7

▲日叡が植えたという大ソテツ

妙法寺5

▲護良親王の墓

妙法寺3

▲護良親王の墓からのぞむ鎌倉市内

妙法寺2

▲細川家が寄進したという本堂。
江戸時代には、大名や江戸城大奥の女人の信仰を集めていたという。

この記事を折りたたむ↑

[2007.06.08(Fri) 12:46] 寺社の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


リストマーク 問題57 夢のお告げ2 

2007年06月05日 ()
【問題57】
源頼朝の夢枕に立ち、「西北に谷があり、そこの泉を汲んで祈れば国内は平穏になる」と告げたとされる神が祀られている神社は?

【問題57のこたえ】
:銭洗弁財天宇賀福神社

銭洗い2

あまりに有名なので、ご存知の方が多いと思うが、
奥に湧き出ている泉で、お金を洗う。
特に巳の日がよいとされている。

1185年の巳の日に、頼朝の夢に宇賀福神が立ち、お告げをした。頼朝はお告げどおり、隠れ里を探させ泉を見つけた。
岩窟を掘って宇賀福神社を祀ったとされる。
そして、この泉を館に運んで神仏に供えたところ、国内に平穏が戻り人々も富み栄えたとも伝えられている。

銭洗い


銭を洗うという風習が定着したのは、もう少し先のようだ。

1257年に、五代執権・北条時頼が「貨幣を洗い清め、己の心身を清め行いを慎めば福銭になる」といったところ、お宝がなくなったりせず、使い果たすこともない、という噂が広まり、多くの参詣者でにぎわうようになったとか。

湧き水は、鎌倉の「五名水」のひとつ。

もちろん、いつも財布が寒い私としては、お正月には欠かさずお参りしております。とはいえ、己の心身の清め方が足りないのでしょう。劇的なことは起きません。しかし、一昨年だったか、たまたまお正月休み中に初巳の日があたり、運よく巳の日にお参りすることができました。
すると、なんとその年臨時収入が!!
これは絶対に、ご利益以外の何ものでもないと信じて疑いません。

この記事を折りたたむ↑

[2007.06.05(Tue) 17:03] 寺社の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


リストマーク 問題56 夢のお告げ 

2007年06月05日 ()
【問題56】
伊豆蛭ヶ小島に流されていた源頼朝の夢に三晩続けて現れ、挙兵をすすめたという神霊が祀られているとされる稲荷は?

【問題56のこたえ】
:佐助稲荷

佐助1

「佐助」というのは、頼朝の官名「佐殿」を助けたということから生まれた名前。現在も出世稲荷といわれている。

頼朝が伊豆で病に臥せていたときに、夢に現れた白髪の翁は、
「病気はある種の草を煎じて飲めば治るだろう。そうしたら兵を挙げよ。わしが必ず守ってやる。われは隠れ里の稲荷なり。」
と名乗って消えたそうだ。

頼朝はそのとおり挙兵し、幕府を開いた。
佐助ガ谷に小さな祠があるのを見つけ、畠山重保に命じ、これを再興したといわれる。

佐助2


佐助3

このあたりは、実際隠れ里といわれていたようだ。
祈祷師、修験者など特別な才能を持った人たちが住んでいたともいわれているそうで、たしかにうなづけるような神秘的な雰囲気は今も残っていて、私は好きな場所である。

この記事を折りたたむ↑

[2007.06.05(Tue) 16:33] 寺社の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


リストマーク 問題55 神社の行事 ☆☆☆ 

2007年06月02日 ()
【問題55】
9月18日に行われる、神奈川県の指定無形民俗文化財に指定されている面掛(めんかけ)行列が有名な神社は?

【問題55のこたえ】
:御霊(ごりょう)神社

御霊1

祭神は鎌倉権五郎景政。平安時代の創建。
敵に右目を射抜かれて、その矢を抜いて戦ったという武勇伝が有名だ。
眼病の神様ということで参拝する人も多い。

御霊5 御霊6

俗称、権五郎神社。すぐ傍にある「権五郎力餅」のほうが今は有名なのだろうか。こっちのほうが混んでいるような気が・・・。

御霊3

鎌倉江ノ島七福神の福禄寿は、ここにいらっしゃる。
ご神体はお面だ。

御霊4

和紙を幾重にも重ねて作られた貴重な面のため、現在は複製したものを使っているようだ。本物はガラスケースに保存され、見ることができる。
「爺」「ひょっとこ」「福禄寿」「おかめ」「鬼」「鼻長」など、どことなく悲しげな表情でもあり滑稽でもあり、グロテスクでもある。

お腹の大きな女性に扮装した人が先頭に立つのだそうだが、実はこれ、頼朝が隠里で身ごもらせた女性だという。政子の目を盗みつつ、隠里に通い、里の人たちに世話になっているため、年に一度の無礼講を許したとか。それを再現したのがこの奇祭、面掛行列ではないかという説もあるそうだ。

まったく、頼朝もあっちこっちで・・・。

御霊2

行列の日は、権五郎景政の命日9月18日と決まっているので、平日にあたることも多い。なかなか見るチャンスに恵まれないままであります。

この記事を折りたたむ↑

[2007.06.02(Sat) 14:47] 寺社の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(1)
↑TOPへ


コメント

管理人のみ閲覧できます by -

コメントを閉じる▲

リストマーク 問題47 鎌倉の寺 

2007年05月30日 ()
【問題47】
本堂に祀られている日蓮像は本物の法衣袈裟をまとったもので、毎年衣替えの時期に更衣式を行う寺は?

【問題47のこたえ】
:薬王寺(やくおうじ)

薬王寺2

参道を覆うように咲く桜の名所でもある。

薬王寺3

山号は大乗山。開山は日蓮の弟子日像。江戸時代には徳川家・蒲生家と縁が深かった。

薬王寺1

本堂の扉が細く開けられており、拝むことができた。
山ノ内から亀ヶ谷を通り、扇ヶ谷壽福寺方向に向かう途中にある。

薬王寺地図

この記事を折りたたむ↑

[2007.05.30(Wed) 16:28] 寺社の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


リストマーク 問題46 鎌倉の寺 

2007年05月30日 ()
【問題46】
日蓮が安房国より鎌倉に入り、庵を結んだ場所の一つで、『立正安国論』を書いたといわれている岩窟のある寺は?

【問題46のこたえ】
:安国論寺(あんこくろんじ)

安国論寺1

山号は妙法華経山、開山は日蓮。日蓮は二十年間ここで過ごした。

安国論寺5

▲本堂の向かいに『立正安国論』を書き、修行をしたといわれる岩窟がある。

安国論寺2 安国論寺4

▲公開されてはいないが、こんな風に建物が岩窟の中に続いているのだ。

安国論寺3

▲日蓮が富士山に向かって法華経を唱えたといわれる富士見台からの眺め。(曇っていてわかりにくいが、右端にうっすら富士山が見える)

日蓮は激しい布教をした人なので、攻撃されて身を隠した洞窟とか、白い猿が導いて助けてくれたといった伝説が色々な場所に残っている。

安国論寺8 安国論寺9
安国論寺10 安国論寺12

別名、松葉ヶ谷(まつばがやつ)の花の寺などと呼ばれる。鎌倉一といわれるカイドウの古木や四季折々の花々が楽しめる。(※写真はクリックすると拡大します)

◆所在地:鎌倉市大町4-4-18
拝観料100円 月曜日(祝日を除く)は閉門

関連問題:問題3 町の旧跡
問題27 鎌倉仏教1

この記事を折りたたむ↑

[2007.05.30(Wed) 15:54] 寺社の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


リストマーク 問題42 鎌倉の寺 

2007年05月29日 ()
【問題42】
「鍋かむり日親」と呼ばれた日親上人にゆかりがあり、鎌倉江ノ島七福神のひとつ壽老人が奉られている寺は?

【問題42のこたえ】
妙隆寺(みょうりゅうじ)

妙隆寺5

山号は叡昌山(えいしょうざん)開山は日英。本尊は日蓮。
元寇のころに、その防衛のため千葉から九州へと派遣された鎌倉幕府の有力御家人千葉常胤の子孫の別邸跡に創建された。

妙隆寺3
第二祖、日親上人が水行を行ったという池。

妙隆寺2
池の背後には、日親上人石像が安置されている。

6代将軍足利義教への説法の機会を得た際に日親上人は、他宗の喜捨を説いて建言を禁止される。しかし、禁に背いたために投獄され、さまざまな拷問を受けたという。ついには焼き鍋を頭に被せられる極刑を受けたが、それにも耐えたという伝説がある。

妙隆寺1

長寿を司る神、壽老人
妙隆寺4

桜も見事。

この記事を折りたたむ↑

[2007.05.29(Tue) 16:16] 寺社の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


リストマーク 問題41 鎌倉の寺と行事 ☆☆ 

2007年05月29日 ()
【問題41】
鎌倉江ノ島七福神のひとつで、縁結びや商売繁盛の神様「夷様」を祀る寺で、「東身延」とよばれる寺は?

【問題41のこたえ】
本覚寺(ほんがくじ)

本覚寺4


1436年日出(にっしゅつ)により創建。山号は妙厳山(みょうごんざん)。二代目住持日朝(にっちょう)が、のちに日蓮宗の総本山である身延山久遠寺の住持になった折に、身延山へお参りすることのできない人々のために、日蓮の遺骨を本覚寺に分骨した。このことにより、本覚寺が『東身延』とよばれるようになった。
関連:【問題8】枝垂れ桜


身延山久遠寺のオフィシャルHP

本覚寺1
夷堂
正月元旦から三日まで、初えびすが行われる。えびす神は、源頼朝により幕府の守神として祀られたといわれる。10日が本えびす

本覚寺2

年の暮れから、境内には多くの鎌倉市内の商店などが奉納した提灯に灯りがともされ、新年を迎える雰囲気が辺りに漂う。私はこの時期必ず夜に境内を歩く。

七福神

江戸時代から庶民に親しまれてきた七福神は、日本全国各地に伝わる。
鎌倉江ノ島七福神めぐり」自体は定かではないが、さほど古くなく、昭和59年頃から始まったのではないかと聞いた覚えがある。今ではすっかり有名になったようで、正月にはご朱印帖や、上記写真のような色紙を片手に歩く人を多く見かける。

私も今年初めてやってみたが、結構楽しい。
それにしても、”七福神めぐりバスツアー”を随分見かけたが、添乗員の人が、全員の分のご朱印をまとめて何十枚ともらっていた。
バスも降りずに、色紙だけ~・・・。
ご利益はいかに。

この記事を折りたたむ↑

[2007.05.29(Tue) 15:34] 寺社の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


リストマーク 問題39 鎌倉の尼寺 

2007年05月28日 ()
【問題39】
鎌倉で現在唯一の尼寺は?

【問題39のこたえ】
英勝寺(えいしょうじ)

尼寺というと、東慶寺を思い浮かべるが、現在は尼寺ではない。
英勝寺は、徳川家康の愛妾だったお勝の方が出家し建立した寺。
英勝寺は太田道灌の邸跡に建てられている。というのも、お勝の方は、太田道灌から四代目の太田資康の娘、梶であったためだ。

英勝寺8
通用門に掛けられた、徳川家の家紋三葉葵。
英勝寺1
太田道灌邸跡の碑

英勝寺6
創建当時そのままの仏殿。県重要文化財

英勝寺9
禅宗仏殿形式の建築で十二支の彫刻が施されている。

英勝寺5
鐘楼 江戸時代の名建築を伝える。

英勝寺4
修復中の唐門。県重要文化財
※コメントをいただき、気付きました。修復中なのは、関東大震災で倒壊した山門です。こちらの写真は、祠堂です。
訂正のうえお詫び申し上げます。ご指摘くださり、ありがとうございました。

英勝寺3
奥の竹林も見事である。

関連問題は【問題40】にて。

◆英勝寺:鎌倉市扇ヶ谷1-16-3
拝観料300円 浄土宗

この記事を折りたたむ↑

[2007.05.28(Mon) 12:04] 寺社の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(2)
↑TOPへ


コメント

by -
修復中なのは山門では?

ご指摘ありがとうございます。 by クネ
お詫びとお礼を申し上げます。

コメントを閉じる▲

リストマーク 問題25 鎌倉といえば大仏 

2007年05月20日 ()
【問題25】
高徳院鎌倉大仏の台座を入れた高さはおよそ何メートル?
ア.10m イ.12.5m ウ.15m エ.13m

【問題25のこたえ】
:エ.約13メートル

大仏1


一年を通し、高徳院には外国人をはじめ多くの観光客が訪れる。
もちろんお目当ては鎌倉大仏だ。
現在のものは、青銅製で1495年につくられたもの。最初に建立されたのは木造だった。耳の長さだけで2メートルにもなる。鋳物師として知られた丹治久友、物部重光ほか数人が携わり、十数年の歳月をかけて完成したと伝えられている。

奈良の大仏、東大寺盧舎那仏像の高さは約18メートル(台座含)。

大仏3


関東大震災でも台座が壊れ、大仏そのものも傾いた。何度も災害にいためつけられたのに今日の姿を保っている。

子どものころ、この胎内に入るときにとってもドキドキして無口になってしまったのを覚えている。

◆大異山高徳院清浄泉寺
所在地:鎌倉市長谷4-2-28
◆拝観料:200円、大仏胎内は20円

この記事を折りたたむ↑

[2007.05.20(Sun) 13:45] 寺社の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


リストマーク 問題22 鎌倉の寺1 ☆☆ 

2007年05月17日 ()
【問題22】
江戸時代の茶人であり造園家として知られる、小堀遠州(こぼりえんしゅう)の作といわれる庭園があり蓮池がある寺は?

【問題22のこたえ】
光明寺(こうみょうじ)

光明寺1

創建は1243年。四代執権北条経時(つねとき)が開いた浄土宗の大本山である。
また、徳川家康が江戸に幕府を開いて間もなく、関東にある浄土宗の由緒ある大寺院十八ヶ寺を壇林とした。※壇林とは、今でいう大学のようなもの。その十八壇林の筆頭寺院が光明寺である。
学僧たちが各地から集まり、修行の中心としても栄えた。

光明寺2
撮影:2005年7月27日
夏真っ只中の午前中に見に行ってみよう。
蓮池を取り囲む廊下はひんやりとしており、時間の流れもゆったりとしているような気がする。
古代ハスと呼ばれる大変古い種の蓮。

光明寺3
田んぼの消失や側溝の改修などで、鎌倉では激減しているとされるアカトンボの姿も。

また、毎年10月に行われる「お十夜法要」も盛大に行われ、多くの人が訪れる。
お十夜については、管理人の別ブログにふざけた記事がある。
ロードオブ・ザご当地

多くの著名な文化人の卒業生がいる「鎌倉アカデミア」の校舎も光明寺だった。これについては別問にて。

この記事を折りたたむ↑

[2007.05.17(Thu) 12:28] 寺社の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


TOP

ごあいさつ

鎌倉検定公式テキストブック

関連キーワード

新しい問題

管理人関連サイト

資格関連リンク

問題の解答について

問題のジャンル

問題一覧

ブログ内検索

最近のコメント

FC2ブックマークに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。