TOP > 問題44 鎌倉の寺と北条政子 ☆☆☆
 ← 問題45 鎌倉の地名その2 | TOP | 問題43 鎌倉十橋その4

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 問題44 鎌倉の寺と北条政子 ☆☆☆ 

2007年05月29日 ()
【問題44】
北条政子と源実朝の墓と伝わる五輪塔があり、鎌倉五山第三位の寺は?

【問題43のこたえ】
:壽福寺(じゅふくじ)

壽福寺1

1200年、北条政子が栄西を招いて開山。建長寺派。鎌倉で初めて建てられた臨済宗の寺だ。境内は国指定史跡。
栄西は、臨済宗を宋から伝え、お茶を日本に伝えた人としても有名なひとだ。
この地一体は、頼朝の父、義朝の屋敷跡とされている。
源氏ゆかりの地である。

壽福寺3

▲苔が鮮やかで、美しい石畳の参道

壽福寺6

▲本堂 創建当初の建物は火災で全て焼失したため、1664年の建立。鎌倉でトップ3の大きさの仏像仁王像が安置されている。

壽福寺5

▲山へと続く道を行くと、墓地になっており多くのやぐらがある。高浜虚子や大佛次郎の墓もあるということだ。

北条政子墓

北条政子の墓 
壽福寺4

▲源実朝の墓(天井に唐草模様の彩色が施されたやぐら)

ただ、この2つが本当に墓だという記録はないようだ。実際には供養塔かもしれない。
北条政子は、根強い人気があるのだろう。
ユリの花などが供えてあった。

強く、自分の意思をはっきり主張したという政子は、現代の女性から見てもカッコいいひとかもしれない。
よき後継者としての息子に恵まれなかったことは、気の毒に思いますが。
スポンサーサイト
[2007.05.29(Tue) 18:29] 旧跡の問題トラックバック(0) | この記事へのコメント(0)
↑TOPへ


 ← 問題45 鎌倉の地名その2 | TOP | 問題43 鎌倉十橋その4

コメント

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://kenteikamakura.blog103.fc2.com/tb.php/48-0886d59a
 ← 問題45 鎌倉の地名その2 | TOP | 問題43 鎌倉十橋その4

ごあいさつ

鎌倉検定公式テキストブック

関連キーワード

新しい問題

管理人関連サイト

資格関連リンク

問題の解答について

問題のジャンル

問題一覧

ブログ内検索

最近のコメント

FC2ブックマークに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。